ネイティブスピード

ネイティブスピードってどう?

 

ゆっくり話してもらえれば聞き取れるのに、
早口で話されると聞き取れない・・・・。

 

なんて経験はありませんか?

 

私はありました。

 

英会話教室で外国人講師の言っていることはほぼ100%聞き取れました。
しかし、留学先のカナダでは、
ネイティブが話すことは聞き取れないことが多かったです。

 

ネイティブスピードは
自然な速さの英語を聞き取れることを目的とした教材。

 

非常に興味をもったので買ってみました。

ネイティブスピードの内容

 

なぜゆっくりスピードだと聞き取れても
ネイティブスピードの英語は聞き取れないのか?というと、
音が変化するからです。

 

たとえば、what`s your name?(ホワッツユアネーム?)は
早口だとワッチャネイとなります。

 

このように変化するのは単語同士の音がくっつくからなんですね。
これをリンキングといいます。

 

ネイティブスピードでは音の変化についての理論を
しっかりと学べるのではないかと期待していましたが、
残念ながらリンキングなど音の変化についての理論の解説は
ありませんでした。
ちょっとガッカリ。
まあ、ネットで調べれば情報はでてくるので
困らないですが。

 

教材の最初の方では、
よく使う英語表現をネイティブスピードで聞き取る訓練があります。
それから徐々に長文を聞きとる訓練に
移っていきます。
初心者でも取り組みやすい構成ですね。

 

テキストには、音声のスクリプト(原稿)が載っていますが、
なるべく読まずに音声だけに集中することをおすすめします。

 

できれば、ディクテーションをやってほしいですね。

 

ディクテーションとは、聞こえてきた音を紙に書きとる訓練です。
どこが聞き取れなかったのか?一目瞭然になるので、
リスニング力を高めるのにはもってこいです。

 

ディクテーションをすれば、この教材を120%活かせるのではないかと思いました。

 

 

 

 


ネイティブスピードは買うべき?

 

本屋で売られているリスニング教材って、
ナレーターがわざとゆっくり話している音声を収録したもの
しかありません。

 

もちろん、全くの初心者であれば、最初は
ゆっくりスピードで慣らしてもいいでしょう。
しかし、ある程度ゆっくりの音が聞き取れるようになったら、
早い段階で、ネイティブが普段話すスピードに慣れていかないといけません。

 

ただ、ネイティブが話す自然な英語を聞きとるための
教材って、本屋に売ってないんですよね。

 

いきなり洋画やCNNで練習するのは大変なので、
まずはネイティブスピードで勉強するのがおすすめです。

 

もし自然な速さの英語を聞き取れるようになりたいなら、
イチオシの教材ですね!

 

 

 

当サイトから限定特典をプレゼント

 

当サイトからネイティブスピードを購入すると、
以下の特典がもらえます。

 

私がたった2カ月でTOEIC205点アップするまでにやった6つの事

 

TOEIC高得点を取るためのマインドと勉強法

 

レビューを書いたらAmazonギフト券3,000円分をプレゼント

 

 

 

こちらのリンクから購入すると、特典が付いてきます。
  ↓↓

>>ネイティブスピードはこちら